無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

22*




ザー






仕事から帰る途中、雨に降られた。



しかも大雨。


U
U
びしょ濡れじゃん。
最悪…




ピコン




TH
TH
📱ヌナ!雨大丈夫?
傘は?転ばないで帰ってゆ?



テテからの過保護メッセージ。




必死になってメッセージを打ったのが

その誤字から伝わってくる。



私の顔は自然と緩んだ。


U
U
📱大丈夫。笑





ゴロゴロ…⚡️

U
U
ひっ!!



…大丈夫じゃないけど。





TH
TH
📱 ごめんね、
今日研修で帰れなくて😭





…あ、そうだった。




U
U
📱大丈夫だよ!
テテも気をつけてね!





よし、部屋に入って

早くお風呂行かなきゃ…






って、、エレベーターを待ってる間

探したんです。






でも、、、





U
U
ない!!







探しても探しても、ないんです!!








鍵が!!









U
U
ロッカーに
置いてきちゃったかな…
うぅ、、、





ショックすぎて思わず、蹲み込んだ。









するとそこへ、あの人がやってきた。



















YG
YG
…おい、どうした



.











ドキドキ💓