無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

20*

TH side





ヌナと初めて一つになった翌朝


僕にとっては 幸せな朝 だったんだ。


でも、ヌナにとっては…







…遭遇してしまったんだ。

ヌナの " 悲しみ " の原因に。









朝、コンビニに行った帰り。


U
U
テテ、今日はどうする?
TH
TH
ヌナと一日中
いちゃいちゃしてるっ♡
U
U
えー?
何それ。笑
TH
TH
へへっ♡



他愛もない、会話の途中だった。



少し前を歩いていたヌナが突然止まった。






その視線の先には、、、


U
U
…ユンギs



と、綺麗な女性。






向こうは、こちらに気づいていない。






僕は咄嗟に…








ギュ







TH
TH
ヌナ、見ちゃダメ。
U
U
ッ…




咄嗟に、ヌナの視界を塞いだ。






これは、相手のためじゃない。

…ヌナのため。

ヌナの悲しそうな顔を

これ以上見たくなかったから。






でも、その気遣いも虚しく、

ヌナは…





U
U
ユンギさん…





その口から発せられた名前は

僕ではなく

あの人の名前だった。





TH
TH








やっぱり、好きなんだね。










僕はただただ、


ヌナを抱きしめてあげることしか


できなかった…


















TH side
end