無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

52*


私を見つけると、涙を拭いながら

ゆっくりと近づいてきたスアさん。






U
U
あのっ…スアさん?




そして、優しく私の手を握った。



彼女は、泣きながらでも

必死に笑顔を作ってみせ、




girl friend
girl friend
大丈夫ッ…私は
あなたちゃんを、
責めたりしないッ…




そう、私に言った。




U
U
えっ…?



ユンギさん、、、

言ってしまったの?





girl friend
girl friend
ッ…ユンギのこと
宜しくね…ッ



.
U
U
ッ…スアさん、
girl friend
girl friend
じゃ…ばいばいっ




.

U
U
…ッッ




このままじゃ…

きっといつか、何かが崩れていくと

分かっていた。






いつかは、バレるって分かってた。










結局、




私はまた、優しい人を傷つけた。








U
U
ごめんなさい、、スアさん…






私は、

もうとっくに見えなくなっていた

スアさんに何度も何度も謝った。










それから、その場に立ち尽くして数分後









prrrrrrrrrrr ___













画面を見ないでも分かる



このタイミングで

電話をかけてくるのなんて、、、











U
U
ユンギ、さん。




震える手で、タップした。







YG
YG
📱…あなた?
今から会えるか…?












お待たせ!ゆんちゃんとの時間だよ♡



宣伝♡

大好きな친구りらの作品😘

犬のお話で、犬のお話を宣伝します♡笑
お兄さんの姿を見て、アイドルに憧れたあなたさん。
そんな憧れた世界で、どんな経験をするんでしょうか。
そしてCARATさんっ🥺!犬似のあの方と恋をしてっ💓
いろんな人が出てきて、とっても素敵なお話です☺️
是非、読みに飛んで!♡&☆もお忘れなく!