無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

41*


何呑んだの?



…え、まさかね?





U
U
ウ、ウィスキー
…少しだけ。

.
TH
TH
ふーん。




その時、タイミングよく

カランっとグラスの中の氷が鳴る音が聞こえた。

するとテテは、その音の鳴る方をチラッと見て








TH
TH
帰ろっ!ヌナ。
帰っていちゃいちゃしたい♡
U
U
えっ、あ… うん?



いちゃいちゃ…


私、さっきユンギさんと

シたばっかりなんですが…





TH
TH
そういえばスアさんは?
U
U
あ、スアさん帰ったの。
TH
TH
帰った?…へぇ
ってことは、、
U
U
ん?
TH
TH
…ううん、なんでもない。



テテは何かいいたげな顔をしたが

すぐにニコッと笑い



TH
TH
ヒョン!




こちらを振り向いたユンギさんに

見せつけるように、後ろからハグをした。




TH
TH
僕たち帰りますねっ


.
YG
YG
あぁ。
U
U
ごちそうさまでした、
YG
YG
…こちらこそ。



フッと笑ったユンギさんを見て

先ほどの出来事を思い出す。



U
U
っ…/
TH
TH
むぅ…
ヌナ何照れてんの?
U
U
え?…いやっ
別に照れてないよ?
帰ろうテテ。
TH
TH
うんっ!
おうち帰ったら
いちゃいちゃしようね♡






こうして、スリル満点の呑み会が

幕を閉じたのである。