無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

18*

朝、目覚めると

隣にはテテが眠っていて

起こさないようにと、

静かにベッドを出ようとした。





でも、そこで



U
U
っ…そっか私、、、//


何も纏ってないことに気づく。



昨晩の事を思い出し、赤面しながら

テテの方を振り向いた。




TH
TH
zzz…
U
U
っ… //




とりあえず、シャワー浴びよう。










そのあと、再び寝室に戻った。


テテはというと、まだ寝てる。






U
U
朝ご飯買いに行ってくるね。



寝てる人に言っても意味ないけど

一応、伝えておこうと

頭をなでなでしていると。








ガシッ






ぐいっ




U
U
きゃっ




.





わあ、、イケメン。







…じゃなくて、


U
U
…お、起きてたの?/


.
TH
TH
うん♡笑
あ、お買い物行くの?
僕も一緒に行く!
U
U
え、いいよ
テテ今日お休みでしょ?
ゆっくりしてて?
TH
TH
そういうヌナもお休みでしょ?
僕、今日はヌナから
離れたくない(o´罒`o)ニヒヒ




え、どうしよ。

この大型犬 …




U
U
…分かった、、から
降りていい?/


.
TH
TH
えー… じゃあ、
ヌナからキスして
くれたらね。


んっ!と

唇を尖らせるテテ。


U
U
( 💭 んーっ、悔しいかな
めっちゃ可愛い… )


仕方ない。






チュッ





TH
TH
へへっ♡
幸せな朝だ(o´罒`o)
U
U
… //



テテは 幸せな朝 と言った。

でも私にとっては 最悪な朝 になってしまうことを

この時は知らない…






なんやかんや準備する

テテを待って、コンビニに行って

ご飯を買った帰り ( 雑 )









U
U
あっ…




エントランスから出てくる

ユンギさんを見つけた…


私は、元気そうなユンギさんを見て

思わず声をかけようとしたんだけど





U
U
…ユンギs
ちょっと、ユンギ!
歩くの早いー!笑
YG
YG
そっちがおせぇんだよ。笑


.

.











ユンギさん…



その女性は、誰ですか…?














再始動です。