プリ小説

第28話

👿ニジュウハチ👿
羽瑠華
羽瑠華
遥那……
氷菜
……私もごめん
氷菜
……私のせいだよね
遙稀
遙稀
…………
氷菜
もういじめないよ……
羽瑠華
羽瑠華
…………
お姉ちゃん……
羽瑠華
羽瑠華
……え、?
羽瑠華
羽瑠華
遥那……?
遥那
遥那
お姉ちゃん……
羽瑠華
羽瑠華
な、なんで、?
遥那
遥那
……幽霊になったの
羽瑠華
羽瑠華
…………
遥那
遥那
お姉ちゃん……自殺してごめんね
遥那
遥那
復讐したいと思ったよ、
遥那
遥那
でも、
復讐したらいじめてる人と同じになるの
羽瑠華
羽瑠華
…………
氷菜
…………
遙稀
遙稀
…………
遥那
遥那
だからね、復讐なんてしないで
羽瑠華
羽瑠華
……遥那、ごめんね、
でも、復讐しなきゃ、
遥那
遥那
お姉ちゃん、私が言ったことを守って
羽瑠華
羽瑠華
……遥那……
遙稀
遙稀
……遥那……
遥那
遥那
……お兄ちゃん
遙稀
遙稀
……羽瑠華は……もうダメなんだ。
遥那
遥那
……え?
遙稀
遙稀
……遥那が自殺して亡くなった後、
羽瑠華がいつもの羽瑠華じゃないの
遙稀
遙稀
……感情がなくて、いじめられたら復讐する
遙稀
遙稀
その繰り返しだった
遥那
遥那
……お姉ちゃん……
遙稀
遙稀
もう……羽瑠華は……感情が……ないんだ
遥那
遥那
……そんな……
羽瑠華
羽瑠華
……遥那……ごめんね、……私は……
元の私を忘れたの
氷菜
……そんなに苦しかったの……
遥那
遥那
氷菜さん……
氷菜
……なんで名前を、?
遥那
遥那
……いつもお姉ちゃんを見てたの
羽瑠華
羽瑠華
…………
遥那
遥那
でも……感情がないこと……
遙稀
遙稀
……羽瑠華は……元に戻るにはどうすればいいか分からない……
羽瑠華
羽瑠華
……元の私が分からないの……
氷菜
……羽瑠華……
羽瑠華
羽瑠華
…………
氷菜
……私は他人だけど……
いじめ返ししたら、
私と同じようになるんだよ
羽瑠華
羽瑠華
…………
氷菜
だから……
私から言えることではないけど……
氷菜
復讐はいじめてると同じだから辞めよう
羽瑠華
羽瑠華
…………
遙稀
遙稀
…………
遥那
遥那
お姉ちゃん……復讐は辞めて
羽瑠華
羽瑠華
…………
遙稀
遙稀
…………
羽瑠華
羽瑠華
……私には分からないの
羽瑠華
羽瑠華
元の私になりたいけど分からないの
遙稀
遙稀
……羽瑠華は感情がない、
遙稀
遙稀
遥那が亡くなってから、
羽瑠華が泣いたこともない
遥那
遥那
……“悲”という感情がなくなったのね
羽瑠華
羽瑠華
……私は悲しいって思ったこともない、
羽瑠華
羽瑠華
涙をもうあれからなくなった
氷菜
…………
遥那
遥那
復讐したいのは分かるけど……
心の中で思わなきゃ
羽瑠華
羽瑠華
……もう私どうしたらいいのかな
遥那
遥那
……まずは復讐を辞めよう
羽瑠華
羽瑠華
……それはともかくそれからは。
遥那
遥那
友達をつくろ!
遥那
遥那
氷菜さんも!
氷菜
そうだね
遥那
遥那
いじめてる人を
見かけたら辞めさせてね!
そして、自殺してたりしてたら
遥那
遥那
こう言ってね
遥那
遥那
“生きる為に産まれてきたんだよ
その命を無駄にしたら
どれだけの人が悲しむのか……
だから、私と一緒に生きていこうよ”
遥那
遥那
そう伝えてね
羽瑠華
羽瑠華
……だね
遥那
遥那
あ……時間だ……ごめん……またいつかね
羽瑠華
羽瑠華
遥那……ありがとう
羽瑠華
羽瑠華
……氷菜、ごめんね、
氷菜
……ううん、私もごめんね
羽瑠華
羽瑠華
……そうじゃなくて……
羽瑠華
羽瑠華
みんなごめんね
遙稀
遙稀
え?
氷菜
え?
羽瑠華
羽瑠華
……みんな来て
ゾロゾロゾロ
氷菜
え
遙稀
遙稀
え
羽瑠華
羽瑠華
……ごめんね
夏奈
…………
琉璃
……
勝翔
……
氷菜
え、なんで、?
羽瑠華
羽瑠華
遥那が言ったの、、
復讐する前にこうやって、

“復讐したらいけないから……”
“死なせないようにどうにかして”って
羽瑠華
羽瑠華
だから、
私は……死なせないようにしたの
羽瑠華
羽瑠華
遥那の言うことは聴かなきゃ
琉璃
ごめん、氷菜、やっぱり
いじめはいけないよ
夏奈
わたしも、いじめはいけない
氷菜
……私も
勝翔
……俺もだ
遙稀
遙稀
……羽瑠華、成長したな
羽瑠華
羽瑠華
……ごめんね
氷菜
ねね
氷菜
羽瑠華
羽瑠華
羽瑠華
ん?
氷菜
ごめんなさい
夏奈
ごめんなさい
琉璃
ごめんなさい
羽瑠華
羽瑠華
……ううん、いじめはいけないけど
謝ってくれてありがとう
羽瑠華
羽瑠華
わたしも、復讐しようと思ってごめんね
遙稀
遙稀
…………
氷菜
あの、
琉璃
一つだけいい?
夏奈
私たちから
羽瑠華
羽瑠華
うん
氷菜
私たちと
夏奈
友達に
琉璃
なってください
羽瑠華
羽瑠華
……うふふ、いいよ
羽瑠華
羽瑠華
友達になろうね
氷菜
うん!
そして羽瑠華達は友達になったとさ
ある日
遙稀
遙稀
羽瑠華
羽瑠華
羽瑠華
ん?
遙稀
遙稀
隠してたんだけど
遙稀
遙稀
実は……羽瑠華は俺と血が繋がってない
羽瑠華
羽瑠華
え、?
遙稀
遙稀
俺は、親から拾われたんだ
羽瑠華
羽瑠華
……そうなんだね
遙稀
遙稀
……隠してごめんね
羽瑠華
羽瑠華
ううん、話してくれてありがとう
遙稀
遙稀
あ……だからな
遙稀
遙稀
俺と結婚してください
羽瑠華
羽瑠華
え、いきなりのプロポーズ?!
羽瑠華
羽瑠華
……あ、ありがと
羽瑠華
羽瑠華
私でよければ!
遙稀
遙稀
……やった!
パンッ
羽瑠華
羽瑠華
え、?え、?
せーの(ボソッ)
?
おめでとう!!!!
羽瑠華
羽瑠華
え?
氷菜
羽瑠華おめでと!
琉璃
おめでと!
夏奈
幸せにね!
勝翔
俺からも、おめでと!
羽瑠華
羽瑠華
あ、ありがとう
そして……羽瑠華の頬に

美しく透き通った水が流れた
羽瑠華
羽瑠華
え、?
遙稀
遙稀
……な、涙、
それは美しかった

暖かい幸せな涙
羽瑠華
羽瑠華
……ありがとう
氷菜
えへ?!これもおめでと!
夏奈
奇跡やな!
琉璃
( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン
それから……羽瑠華と遙稀は結婚した
そして
羽瑠華と遙稀に子供が二人出来た
それからは……幸せな毎日
たまに辛いこともあるけどみんなで寄り添って話した
これからも幸せにいくように

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

春 夜  彗 涙 華 🌸🌙
春 夜 彗 涙 華 🌸🌙
本垢__🌷 萌 如 華 🌷 🦄🌸 投稿は🐢です。 春夜 彗涙華 🌸🌙 ハルヨル ハルカ (本名ではありません) 2018/09/21 ログイン ✨小説✨ (🕊←完結) 🕊 128√e980💓 🕊 🕊 〜地獄少女の最恐復讐女神〜 🕊 ・〜最弱少女と地獄少女の最恐復讐女神〜 ✨大切さん募集中✨ 条件 お気に入り登録を必ず1作 ハートを1作に5個 コメント欄に “大切さんになりたい” と書いてればo(`ω´ )oオケオケ そしたら大切さんだよ!✨