無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,075
2018/05/14

第3話

2話
会社の同僚が仕事を終え次々に帰っていき、社内は、私とユンギさんだけ。


さぁ、これから残業。


みなさん分かってきましたよね?


これから起こる出来事。












✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄


社内に2人の甘い声だけが響き渡る。





ユンギ
ユンギ
あーほんとお前最低だな。
旦那は家でお留守番させてて、その間に不倫とか、笑
すぐに気持ちよくしてやるよ
あなた
あなた
あ、あぁ、そうなんです
私は最低なんですぅぅぅ
あ、まってユンギさん激しい
ユンギ
ユンギ
あ、やべ、イク。
あなた
あなた
あたしもです〜!!!
あぁぁぁぁぁぁ
フィニッシュは同じだった。





また、今日も罪を犯してしまった。





旦那のことを愛していないわけじゃない。




ただ、タイミングが偶然重なっただけだ。
ユンギ
ユンギ
おい、お前は俺のもんだよな?
チュッ
あなた
あなた
(キスマつけられる)

…『なにもいえない』