無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

# 1





『はあ…………………』





憂鬱。




家で何もすることないななんて思って早めに教室に入ったはいいものの。




『はあ……………』




もう一度ため息をついた。






何故憂鬱か、なんて自問自答を繰り返すけど。





自分ではわかってるんだよなあ、なーんて。






それは昨日の夜のこと────────。