無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

114
2019/01/17

第6話

5 ゆーちゃんside
俺にはもったいないぐらい可愛すぎる彼女、
ただいま俺拗ねてます。

だってこいつしろとかくろとか、ごまとかきるあとかばっか。

俺のことも構えよ←かまちょかよ(作者)
あなた

ねぇゆーちゃん?

田山祐
あ?
愛しすぎる彼女。
あなた

怖いよ~ww

テンション高いな。
あなた

……ぎゅーしてい?

田山祐
ん。
あなた

(ぎゅーっ。
(すりすり

あぁ。愛しい彼女の甘えモード。
あの頃と変わってない。
あなた

怒らないで。
ゆーちゃん、好きだよ?
…だいすきっ。

田山祐
怒ってないよ?
あなたおいで?
あなた

えへへよかった
(ぎゅー

はぁ。どーしてこんな可愛いの。
急すぎて照れるっつーの。
たらたらたらたLINEの通話着信音
あなた

あ、うちだ…

あなた

もしもし。高野です。

あなた

はい。
わかりました。
失礼します、

仕事の電話かな…。
田山祐
だれ?
あなた

仕事の電話だよw
なんか新しく入った子の教育係だけどなんもできなくてさw

田山祐
無理すんなよ?w
無理する癖のある俺の彼女。
過去に何回も体壊してる。
あなた

ゆーちゃん仕事してないの??

田山祐
今日まで休みだよ!
出張行ってたから
あなた

ふーん。
なんの仕事??

田山祐
アパレル~
あなた

一緒!!

田山祐
○○の本社だよ~
あなた

え、一緒!!

俺はずっと知ってた。
意外と俺偉いとこ行ってんだぞ。
あなた

どこの部署???

田山祐
あなたの部署と関わりあるかなー?😏😏
あなた

え!ムカつく!!あるの?ないの?

可愛い彼女。怒った顔もすごく愛しすぎる。


俺の立場を知るのは明日の話。
田山祐
明日になればわかるよ☺️
あなた

ふーん。わかった!!明日楽しみ~♪
お風呂入ってきちゃうね!!

ふふっ。ほんとかわいい。
田山祐
あなた、一緒に入ろっか
あなた

は!?なに言ってんの?

田山祐
いいからいいから♪
あなた

ゆーちゃんのえっち!変態!

田山祐
知ってる知ってる~♪
今さら照れる必要ないじゃーん♪
今さら…なんでかって?
分かりやすくゆーとね?
んーこいつの処女奪ったの俺だよーん
↑はっきり言い過ぎだばかbyあなた
あなた

だ、だって!!

田山祐
はい、しー🤫
あなた

……/////

照れるって言いながらも入ってくれるあたりほんと可愛い彼女。


この後、あなたがのぼせたのわ言うまでもないでしょう
田山祐
あなたちゃん?いい加減機嫌なおそ?
あなた

だってゆーちゃんが…////

田山祐
はいはい、ごめんね?
あなた

ん。

お風呂で襲ったら彼女が不機嫌になりました。

田山祐
ねね!そいえばさ…
あなた

スゥ……スゥ……ゆーちゃん…

田山祐
寝てんのかーい
そっか。疲れてるもんな。

こいつ過去に色々あって、寝顔見れること自体すごいんだよ。
俺といると安心するみたい。
こいつのこといちばんにわかってるつもり。
離れてたときのことは明日聞こうかな。



……お風呂入ったとき傷残ってたな…。


だいすきな彼女の寝顔を眺めてたらいつの間にか眠ってた。