無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

268
2021/04/16

第2話

まだアンケートの期限になってないけど
かける所まで書いちゃいますw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
市川side

昨日は仕事が長引いたこともあり
朝方に寝ることになった。


「あ〜っ。今日はよく寝たなぁ。」


時計を見るともう昼の12時をまわり
15:00を指していた。

洗顔、メイクを済ませくつろいでいると
ある人から電話がかかってきた。

??『もしもし。
私さんこいちというYouTubeを
しております。やっぴ と申します。』

「はい。存じております。」

や『貴方の名前は市川慶一郎さんで
間違いありませんか?』

「そうですけど... なぜ名前を?」

や『市川さんが所属している会社から
色々と聞きました。』

や『この度電話をかけさせてもらったのは
今後メンズアイドルグループの9bicに
入ってもらえないかという件について
聞くためにかけさせてもらいました。』

「はい。9bicはどのようなグループになる予定
ですかね?」

や『市川さんの他に4名入る予定です...』


〜〜〜〜〜以下省略〜〜〜〜〜


や『このような形になるのですが
入って貰えますかね...。』

「......」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

市川くんが出した答えはなんですかねw

少しホントの話混ぜようと思います!

次回お楽しみにぃ!