無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

中1で書いた歌詞
出来れば あそこが沈む時に
1隻の船を差し出そう
「ワタクシ」のこの身滅びようとも
あなたが助かればいいの

あそこに続く光
君を抱えて唱えるんだ

隠れないでいいよ
悩まなくていいよ
もう泣かなくていいよ
笑っていればいいの

優しさを感じてもらうために
無理に繕う 僕だけど
冒頭の4行にもあるように
そんな人間になりたいの

未来に向かう途中
心に留めて 謳う

わがままでいいと
背負い込まなくていいと
泣きたくなってもいいの
全て君次第でいいの

辛くなってもいいの
そのまま歩けばいいの
そのまま歩けばいいの









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


中1の時に元貴くんが作詞作曲した曲です
短編の方でもこの曲をアレンジして書いたけど、12歳が書く歌詞じゃないよ。
多感だし感性が大人びてるし。天才だ。
これからどんどん才能を発揮して欲しい。
((誰目線だよ←