無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

fifty three
(なまえ)
あなた
私も聞きたいことがあるの
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
























『ユンギの事を永遠に愛してもいい?』
















ユンギ
ユンギ
ッッ…あなたッ
(なまえ)
あなた
私はオッパの事を信じる
ユンギ
ユンギ
ありが…とっ
(なまえ)
あなた
私達の家に一緒に帰ろ(*´。・ω・。`*)
ユンギ
ユンギ
うん!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ









テヒョン
テヒョン
ねぇねぇ、俺の事わすれてない?
ユンギ
ユンギ
ごめん、気づかなかった
ユンギ
ユンギ
俺、あなたを幸せにするから
ユンギ
ユンギ
ナヨンといちゃいちゃしとけ
テヒョン
テヒョン
また、奪いにくるね!
あなたちゃん!
(なまえ)
あなた
もう、来なくていいです!
ユンギ
ユンギ
おう
︎︎






ユンギ
ユンギ
てゆーか、ユンギって言った?
(なまえ)
あなた
うん
ユンギ
ユンギ
いーよ、ユンギでも////
(なまえ)
あなた
////