無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

forty two🔞🔞
ユンギ
ユンギ
ぽっぽして!!!!
(なまえ)
あなた
ぽ、ぽっぽ?!
ユンギ
ユンギ
(。_。`)コク
目を瞑って待ってると
ユンギ
ユンギ
あなたから!
(なまえ)
あなた
分かった、、、、///
チュッ
すると、一気にオッパの舌が入ってきた
(なまえ)
あなた
ふぁっ///
ユンギ
ユンギ
エロい///
ユンギ
ユンギ
ねぇねぇ、
(なまえ)
あなた
?
ユンギ
ユンギ
脱いで???
(なまえ)
あなた
ぇ
ユンギ
ユンギ
脱
い
で
!
(なまえ)
あなた
んん///
私は自分でボタンを外し始めた
ユンギ
ユンギ
(^ω^)ニコニコ
その様子をオッパがにこにこしながら見てくる











下着だけになった
(なまえ)
あなた
これでいい?
ユンギ
ユンギ
だーめ🙅‍♂️😡
ユンギ
ユンギ
全部!
(なまえ)
あなた
え〜!
ユンギ
ユンギ
早く!
(なまえ)
あなた
分かったよ〜
スルっ



私は全裸になった
(なまえ)
あなた
恥ずかし/////
ユンギ
ユンギ
あなたが可哀想だから、俺も脱いであげる!
オッパは上半身だけ裸になった
オッパは、色白で筋肉ついてて

見ることなんて出来なかった
ユンギ
ユンギ
これから、楽しいことしよーね
(●´ω`●)
(なまえ)
あなた
うう....
オッパは可愛い顔をして言った







でも、














目は獣みたいだった