無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

thirty one
翌日の朝
(なまえ)
あなた
(※´O`※)ファー
(なまえ)
あなた
ユンギオッパ、まだ寝てる
静かにしないと
(なまえ)
あなた
なんか寒いと思ったら、
私!
(なまえ)
あなた
なんにも着てない!!!!
あなたは、オッパと反対の方を向いて布団をかぶった
ユンギ
ユンギ
ㅋㅋ
(なまえ)
あなた
?!
ギュッ

後ろからハグをされた
(なまえ)
あなた
きゃあ!
(なまえ)
あなた
いつから起きてたの?
ユンギ
ユンギ
あなたが起きる前
(なまえ)
あなた
⁄(⁄ ⁄>⁄□⁄<⁄ ⁄)⁄恥ずかし!
ユンギ
ユンギ
寝顔が可愛すぎて、寝れなかった
(なまえ)
あなた
え、オッパも何も着てないじゃん!!!
ユンギ
ユンギ
そーだね
(なまえ)
あなた
隠して///
ユンギ
ユンギ
////
ユンギ
ユンギ
昨日、凄かったね笑
ユンギ
ユンギ
あなたの声可愛すぎたし、

ビクビクしてたし、

あなたのアヘ顔も、忘れられない♡
(なまえ)
あなた
(^ω^)チョットダマロウカ
ユンギ
ユンギ
笑笑
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ユンギ
ユンギ
今日も、あなたの可愛い声聞かせて?
(なまえ)
あなた
ん///