無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

fifty🔞🔞🔞
ユンギ
ユンギ
つぎは、
ユンギ
ユンギ
いれるね
(なまえ)
あなた
ひゃッ



ズプッ



ユンギのそれはすぐに子宮口まで突いてくる




片足が持ち上げられているせいか、




いつもより感じてしまう
(なまえ)
あなた
んぁあッ!ユンギッ
ユンギ
ユンギ
分かったよッ
もっと突いてやるッ
パンッパンッ







(なまえ)
あなた
ああっ!おっ…きィ







ユンギは動きを止めた









ユンギ
ユンギ
(。´-д-)ハァー💨
(なまえ)
あなた
??






︎︎









ユンギは、髪をかきあげ






私を獣のような目で見た
ユンギ
ユンギ
これで足りないわけ?
(なまえ)
あなた
えっ?
ユンギ
ユンギ
ずっと俺のこと煽ってさ
ユンギ
ユンギ
もっと激しくされたいの?
ユンギ
ユンギ
これでも、優しくしてるんだけど?
(なまえ)
あなた
…
ユンギ
ユンギ
媚薬まで飲んでんのに…
ユンギ
ユンギ
お前がそんなに淫乱だとはな
(なまえ)
あなた
いん…らん?
ユンギ
ユンギ
もう、
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ























ユンギ
ユンギ
優しくしなくても良さそ