無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

259
2021/10/17

第5話

3話
トガside
私があの子を殺してから5日…
誰も私を認めてくれない…
トガヒミコ
トガヒミコ
私はただあの子が好きだっただけなのに…
そんなことを思いながらも追いかけてくる警察から逃げて路地裏の方で座り込んでいた
そんな時、ビニール袋を持った1人の男の子…
いや…女の…子?
が私に声をかけたの
(なまえ)
あなた
君…名前何…?
その時、なんでか分からないけどこの人には言ってもいいやと思って
トガヒミコ
トガヒミコ
私…トガ…ヒミコ
(なまえ)
あなた
ヒミコちゃん、今何歳?
トガヒミコ
トガヒミコ
15…
(なまえ)
あなた
あ、僕と同い年だね!
そうなんだ…
いい人そう…でもいい人だからこそ…私のことに巻き込んじゃったらダメだ…
トガヒミコ
トガヒミコ
あんまり私といない方がいいよ…
トガヒミコ
トガヒミコ
いつ警察が来るかわからない…
(なまえ)
あなた
何かしたの?
それでもその子は優しく声をかけてくれるから、、
トガヒミコ
トガヒミコ
私は…人を殺したの!
トガヒミコ
トガヒミコ
だから私に関わらない方がいい!
こういえば、私のことを怖がってどこかに行くと思ってた
(なまえ)
あなた
それってさ…
でもその子はその場所を動かずに口を開いた
(なまえ)
あなた
何か…理由とかある?
トガヒミコ
トガヒミコ
え…?
(なまえ)
あなた
ただ人を殺したいから殺したわけじゃないよね?
(なまえ)
あなた
そうだったらそこまで僕を遠さげようとしない
(なまえ)
あなた
理由を…話してくれないかな?
(なまえ)
あなた
絶対話したくないとかなら…僕は君とはこれ以上関わらないことにするよ
(なまえ)
あなた
どうする?
なんか…この人になら言ってもいと思った


聞いてくれると思った


私のことを…






認めてくれると思った
トガヒミコ
トガヒミコ
私は…