無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

241
2021/10/14

第4話

2話
(なまえ)
あなた
ふんふふーん
いつも行ったことのない場所に来てみようと思ってあんま人気のない店にまで来ていた
モブ
そこのお兄ちゃん!これ買っていかないかい?
すると、そこの駄菓子屋のおばあちゃんが僕に声をかけた
(なまえ)
あなた
(駄菓子か…たまには買ってみるか)
(なまえ)
あなた
是非買います!
モブ
ありがとうね〜
そして、500円程を使って駄菓子を買えるだけ買った
(なまえ)
あなた
(500円でこんなに買えるもんなんだな〜)
飴を舐めながら散歩を続けている時
人があまり来ないような店の裏側に僕と同じくらいの歳の女の子がいたんだ
(なまえ)
あなた
君…名前何…?
??
…私は…
その女の子はゆっくりと口を開いて
??
私…トガ…ヒミコ