無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

308
2021/10/13

第3話

1話
あなたside
(なまえ)
あなた
よっしゃ…!受かってた…!
僕、楓希あなたは見事、雄英に受かることが出来た
(なまえ)
あなた
あぁ〜良かった
(なまえ)
あなた
…もうすぐ高校生なんだ…
入学式は約2週間後、あと2週間で僕は高校生になる
(なまえ)
あなた
あっという間だったな…中学
(なまえ)
あなた
そうだ…勉強とかしててしばらく外でてなかったししばらく散歩でもするか
ふとそう思った僕は散歩に出かけた





エレベーターで携帯をいじろうとした時に出てきた1件のニュース
(なまえ)
あなた
連続失血事件……犯人は逃走中の中学生の女の子…
僕は最近思うことがある
もし、あるヴィランがただの変態で人を襲ったり殺そうとしたりするものなら全力で捕まえるヒーローがかっこいいと思う
だけど、もし、もしも
そのヴィランが何か理由があってやってしまったものなら少し話を聞いてもいいと思った
ヴィランっていうのは一般的な社会から見た異常な人のことを言うんだ
理由もなく人を殺す快楽殺人犯とかが分かりやすい
だけどその人にそうしないといけない理由があったり、個性の関係でそうなってしまったり…





僕がそんな人でヒーローは何も分からずに追いかけてきたもんならヒーローをヴィランと思ってしまう
(なまえ)
あなた
でも難しいよねぇ…この話…
現状のヒーローはヴィランが居たらとっ捕まえる主義だから


そう思っているとエレベーターが1階に着いていたため僕は適当に、いつも行かないようなところでも散歩しようと思った