無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18


"紅葉シーズンになりました。京都は来週末が見頃になる予想です"






朝のニュース。
庭の木も紅く色づいていた。



「しょせ〜。京都の秋はやっぱり良い?」

祥「綺麗やで〜。嵐山はマジでおすすめ」



嵐山行ったことないな。
というか京都に行ったことがそんなに無い。


拓「行きたいん?来週末、一緒に行く?」

「え!行く行く!行きたい!」








と、いうわけで行くことになりました。


「しょせ案内してよ!」

祥「土日は仕事やから無理やで」



来週末ってのも急だし、土日に行くのが無理となると誘える人も絞られてくる。



蓮くんもダンススクールあるし、美容師の祥生が無理なら景瑚くんも無理だろうし。
瑠姫くんと汐恩は顔バレすると大変だろうし…



「スカイ、一緒に京都行く?」


ちょうど朝食を食べに来たスカイに声をかける。

するとパァーと笑顔になって秒で行くと返事をくれた。


あとは…


「純喜くん強制ね」

純「なんでやねん!」



離れたところからそう聞こえたけど、無視しよう。




「後は…」

拓「ちょ、何人で行くん(笑)俺の車出せるけど4人しか乗られへんよ」

「じゃ、4人で行こう!」

碧「そうと決まれば、今夜計画立てるか!」




今年はずっと家に居て、どこも出かけてなかったから凄く楽しみ。



最近は考えることも多くて、久々にスッキリしたい気分だった。