無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7
純喜side___


「好きな人に目が行っちゃうよね〜」


やないねん。

あなたは俺と拓実のこと言うてるんやろうけど、それサラッと自分は豆ちゃん好きって言ってるようなもんやで。




純「で?俺も付いてくん?」

拓「お願い!あなたと2人で観に行ったら俺耐えられん!絶対豆ちゃん豆ちゃんになるやん」



拓実はあなたのことが好きでめっちゃアピールしてきたのに全然気づかれんあげく、俺とデキてるって事にされとる。

拓実…かわいそうやな。


純「そうは言っても、2人で出かけるチャンスやん。デートみたいなもんやん」

拓「デートのメインイベントで他の男にキャーキャーするの見んとあかんの?」



それも、そうやな…
しゃぁないか。







当日を迎えて3人で会場に入ると凄い人と熱気で溢れていた。


蓮くん達はまだもう少し出番が先らしい。



拓実もホンマにダンスが好きみたいで、出場している有名なダンサーさん見ては興奮していた。



俺もこういう場所が好きやねん。
テンション上がって見よう見真似で踊ってみる。


純「っしゃーーーーー!」

拓「あかん!純喜くんそれどんな動き(笑)」


あなたを見ると涙流して笑っとる。
酷ない?





しばらくすると、アナウンスで蓮くん達のチーム名が呼ばれた。

よく見えるように3人で出来る限りステージに近付いた。



流石というか、自分の見せ方分かってるんやな。
ホンマに2人がかっこいい。


チラッと横を見ると、両手で口元押さえて目をキラキラさせて豆ちゃんを見るあなた。




あー、見るんやなかった。


豆ちゃん見てそんな顔しんといてよ。