無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15

鶴「アイドル目指してる子が恋愛してるってバレたらヤバいやろ。何言われるかわからんで。あなたも豆も」



「別れろってこと…?」



私の問いに汐恩が答えようとした時




豆「それはこれから話すから…あなたちゃん来て」














電話を終えた豆ちゃんが私の手をとって、いつもの池の前に連れて行く。




豆「親に電話したらすごく喜んでくれた」



嬉しそうに、少し照れ臭そうに話す。
そして、豆ちゃんがこれから参加するオーディションについて詳しく教えてくれた。







豆「1stシーズンから見てたからさ、このオーディションだけはどうしても逃したくなかったんだ」


「豆ちゃんならアイドルになれると思うよ。フェスで踊る姿を見た時キラキラしてたもん」









豆「応援してくれる?」







「もちろん…」











嘘つき。





別れなきゃいけないって知ってて、心から応援なんて出来る?






私は無理そう。





でもそんなの豆ちゃんを困らせるだけ。










豆「…ありがとう」










私に静かに近づく豆ちゃん。





瞼を閉じると




そっと触れるだけの





私達の最後のキス











豆「…好きだったよ」









繋いでいた手を離し、暗闇へと消えて行く。









離れてしまった唇が、手が寂しくて。






ただその場で涙を流して立ち尽くすことしか出来なかった。