無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10



さっきまで可愛い笑顔だったのに、急に男の人の顔を見せる。





「みんなと一緒にいる時はそっけないのに」


ボソッと小さな声で言うと、少し耳を赤くして困ったような笑顔になる豆ちゃん。



豆「あれは…あなたちゃんのせいだよ。結構わかりやすく顔に出てるし、景瑚くんにもからかわれるし。俺だって恥ずかしいんだって」



「気付いてた?私の気持ち」






今度は意地悪な笑みを浮かべる。




豆「どんな気持ち?」

「ずるい…言わせようとしてるでしょ」





豆ちゃんの綺麗な手が私の髪をそっと撫でる





豆「教えて?」




本当にずるい…







「好き」





豆「ん、俺も好き。ずっと前から…」















辺りは暗くて


まるで2人だけの世界。












月明かりの下



とても甘いキスをした。