無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13
純喜side___


朝、部屋を出るとちょうどあなたも出てきたところだった。



あんまり今は顔を見たくないんやけど…




純「うぃーす。て、顔どうしたん?」


俺の挨拶で振り返ったあなたがげっそりしていた。


「ん、なんか寝れなくて…はは」









お座敷に行くと数人はもう朝食を食べ始めていた。

奥には景瑚と豆が座っている。

景瑚はあなたの姿を見つけるなり、それなりのボリュームで豆に言った。


景「豆ちゃん、昨日はどんな熱い夜を過ごしたんですか?」

豆「ぶぅほっっぅ!!」


豆が味噌汁を吐き出した。

そら、そうなるわな。


奨「豆、わかめ飛んできたんだけど…」


慌てる豆をよそに景瑚は楽しそうに笑っている。
あなたを見るとさっきまでげっそりしてたのが嘘のように、顔が真っ赤。


そんなあなたと豆の反応を見てみんな感づく。




祥「え、何?2人付き合ってるん?」

純「らしいで。あんまり知らんけど」

鶴「付き合ってええの?…まぁ関係ないか」



俺はなんだか汐恩の言葉がひどく気になった。









朝食を食べ終えて、先に部屋に戻った汐恩を追った。


純「汐恩さぁ、さっきなんか言うてたやん。あれどういう意味?」

鶴「あぁ、たいしたことやないですよ。ただの独り言やし」



今日撮影が早いんでと言って足早に行ってしまった。





超気になるねんけど、何!?