無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

38



ガチャ…




純「もう、はよ行けやぁ」


景「教えてくれたっていいじゃん…あっ」




振り返ると、景瑚くんが部屋から追い出されるところだった。




「…っ」




純喜くんを見るとさっきのことを鮮明に思い出す。





どうしよ…



顔が熱い…





急いで拓実くんに向き直すと呆れた様子で後ろの2人を見ている。




拓「はぁ…またでいいや。あなたおやすみ」



「あ、おやすみ…」




自室に戻った拓実くん。




私の顔、絶対赤い。
見られてないといいんだけど…。



























その日以降、しばらくは拓実くんとも純喜くんともギクシャクしていた。



でもそれも時間の問題で徐々にいつもの関係に戻り、拓実くんとは休みが合えば一緒に出かけたりしている。




ただ純喜くんとは距離が出来た。




みんなといる時はいつものようにふざけたり出来るのに、ふと2人きりになった時はどちらも口を聞かないし




事あるごとに相談しに行っていたのを、私は辞めた。



そしたらあっという間に純喜くんと私の距離は開いた。









「はぁ…」


鶴「ため息なんてして、どうしたん」



庭の池に小石を投げて考えごとをしていると汐恩が横に来た。



最近の胸の中のモヤモヤを誰にも相談出来ず、もう考えることを諦めようとしていたところ



汐恩の"どうしたん"が私の口を開かせた。




「悪いことなんて何もないのに、なんだか世界がグレーかかって見えるよ」


鶴「なんやねん、その表現」


「楽しくないってこと」