無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11
純喜side___




純「〜♪」


ガサガサ


風呂上り母屋から部屋に戻る途中、茂みで不穏な音


いやいや、怖いって…












景拓「うわぁ!!!!!」


純「わぁぁぁぁぁあぁあ!!!!」


茂みから飛び出してきたのは景瑚と拓実やった。

俺の反応見てめっちゃ喜んどる。


純「ふざけんな!ホンマうざいわ〜」

景「まじナイスリアクションだわ」

拓「これから蓮くんとこでスマブラやんねんけど、純喜くんも行こ?」


そういう誘い普通に出来んのか、君ら






拓「あ、あれあなたちゃんと豆?」



拓実の指差す方を見ると、2人がしゃがんで話をしていた。

なんか…





景「いい雰囲気だね〜」




ほんまそれ。



拓「覗きみたいで嫌やわ。早く行こ」



歩き始めようとした時




景「あ、チューした」




チューなんてそんな可愛いもんやない





2人のキスを目撃してしまった。







なんちゅう顔してんねん。





5年一緒に暮らしてる中で初めて見るあなたの表情。







なぁ、あなた…






俺やって好きなんやぞ