無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

33



朝早くから拓実くんと神社に向かう。


神社に近づくにつれて人も増えてきて、三箇日が過ぎたのに参道には屋台が出ていて賑わっていた。




「甘酒おいしそ〜」

拓「帰り寄ってく?」

「いいの?」

拓「ええよ。他にも見てこ!」








ドテッ



長い階段をせっせと上がる途中で足を取られてこけてしまった。



「痛い」

拓「結構あなたってドジよな?」





立ち上がるのに手を貸してくれる拓実くん。




拓「このまま行こっか?」




手をギュッと握られた。





普段は可愛いんだけど、たまに出る男らしい感じはまだ慣れない。



純喜くんや景瑚くんといる時はふわふわしてて可愛いのに、2人で出かける時の拓実くんはちゃんと男性って感じ。



あたりまえなんだけど。




横を歩く拓実くんをジーっと見ると、気づいたのかみるみるうちに耳が赤くなっていった。




やっぱり可愛い。
























参拝を済ませ、屋台を巡り終わり街中を2人で手を繋いで歩く。




通りにあるカラオケ店に目が止まる。






カラオケかぁ…
久しく行ってないな〜




拓「行きたいん?」

「え?」

拓「時間あるし行こ!」


















「〜♪」



手を引っ張られてお店に入ると、2人ともこれでもかってくらい曲入れて熱唱。



「ーーーーーっ!!!楽しい!!!!!」

拓「いや、テンション高っ(笑)」




久々すぎて楽しさ爆発。


はしゃぎにはしゃぎまくった。





拓「〜♪」




初めて拓実くんの歌聴いたけど



上手だなぁ…