無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

416
2021/04/07

第13話

否定

〜小さい頃〜


あなた
お母さん!
あなた
私個性出たんだよ!
緑谷母
そうなの!良かったわね!
出久
お母さん、僕も個性出るかな?
緑谷母
大丈夫よ、あなたが出たんだから出久も出るわよ!
出久
そっか
あなた
大丈夫だよ!
あなた
お兄ちゃんはオールマイトみたいにみんなを助ける個性が出るよ!
出久
うん!ありがとうあなた!


けれど、いくら待ってもお兄ちゃんの個性は発現しなかった。



出久
ううッ、うぁグスッ


病院に行ったら、お兄ちゃんは”無個性”と言われた



あなた
お、お兄ちゃん…
出久
うるさいっ!!


パシッ!!


あなた
いっ!
出久
どうせあなたも心の中では笑ってるんでしょ!
あなた
違うよ!
あなた
私はただッ…
緑谷母
出久?!どうしたの!?
あなた
お、お母さ


バチンッ


あなた
………え


叩かれた?なんで?


緑谷母
出久を泣かせて何したの!
出久
ヒッググスッグス
あなた
い、や違うよ…
あなた
私は…!
出久
グスッグスッヒグッウゥ
あなた
お兄ちゃん!
あなた
お兄ちゃんからも何か言ってよ!
緑谷母
もういいわ
緑谷母
あなた、あなたは私の子どもじゃない
あなた
お母さん待って!
あなた
お兄ちゃんも!なんで何も言ってくれないの!
緑谷母
出てって!!
あなた
なんで…


ダダダッ


あなた
ウッグスグスッ


かっちゃん、かっちゃんなら私を分かってくれる!