無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

す、水泳の授業!?……よし、脅そう←
(教室

ルイ⇒元イグニ1 リク⇒元イグニ2
今はギラギラと太陽が輝くアッツイ夏のお昼休み

いつものメンバーでノートをパタパタとうちわみたいに扇ぎながら涼んでいるところ
ふとルイが思い出したように口を開いた
ルイ
そういえばもう少しでくるな、あれ
リク
そうだな
……あれって何?
リク
俺あんまり得意じゃないんだよなー、”水泳”
ルイ
俺まあまあ出来るけどそもそも運動したくない笑
リク
だよなー
す、水泳!?

ま、まあそりゃエレメンタリースクールでもあったからNRCでもあるよな水泳ぐらい……

どうしよ、俺絶対水ん中入ったらヤバいんだけど
←水に触れたところはホオジロザメの人魚に戻る

エレメンタリースクールの時はなんとか旦那様達が説得してくれたから良かったが…
今ここに呼ぶのも迷惑だろうしな、んー……







あ、そうだ









カラスを脅そう←
ルイ
おい、ぼーっとしてるけどどうかしたか?
あなた
……ハッ、いや水泳が嫌すぎて…現実逃避中だった
リク
え、お前かなり運動得意じゃなかった?
あなた
水泳は論外
だってバレるし、人魚ってこと

俺自身傷もそんなに見せたくない、それに見せても不快になるだけだろう
あなた
んじゃ…俺用事思い出した…から少し行って…くる
ルイ
おー
リク
いってらー
フフフ、さてどんな風に脅そうかニヤリ←

少しワクワクしながら学園長室へと足を向けた



(学園長室
あなた
コンコンッ…学園長いますか
ディア・クロウリー
は、はーい。ええ、もちろんいますよ。
あなた
失礼します
少し歯切れの悪い返事だったのが気になるが、まあ俺には関係ない

いるのがわかったしちょっと脅はk…じゃなくてお話をしに行こう←
ディア・クロウリー
さて、あなたくん。一体私になんの用です?私結構忙しいんですよ
ディア・クロウリー
別に小説の続きが気になるとかそんなことじゃありませんからね。ええもちろん
明らかに動揺しながらそう言う学園長

いや、絶対それだろ。嘘下手か

しかも奥にしおり挟んでいる小説置いてあるぞ

……後でサボりの事トレイン先生にでもチクろうか←

ま、そんなことより今は水泳の話をしないと
あなた
実は水泳の…授業のこと…なんですけど…
あなた
俺諸事情で水泳…が出来なくて、…水泳の授業…だけ免除して…頂きたいんですが…
ディア・クロウリー
おや、そうなんですか?…………しかし君だけ特別扱いというのも出来ないんですよねぇ
クッ、やっぱり無理か……

ここは少し交渉するしかないなニヤリ←完全にヤクザ

交渉材料はかなり揃っているんだよな( ῀ᢦ῀ )
あなた
…余談ですが、さっき…から鳴っている音楽って…あの今人気の「Zero」さん…達の奴ですか?
そう、本当に少しの音量だがさっきから俺が歌わせてもらったボカロPであるみきとP様の曲「ロキ」がこの部屋で流れているのだ

おそらくここまでして曲を聴いているということはきっとこの人もJAPANのボカロに魅せられた1人なのだろう

ディア・クロウリー
ええ、私あの人たちのファンでしてね!
曲の歌詞やMVの完成度の素晴らしさに曲の雰囲気ごとに使い分ける歌声!!
これはもうはまるしかありませんよ
やっぱり、この人ファンだ

それならやりやすい黒笑←
あなた
実は俺Zeroさん…達とちょっとした伝手…があるんですよね
ディア・クロウリー
!?いやいやいや、そんなわけないでしょう。あの方達取材NG、顔出しNGで絶対に人前出ませんよ?
うん、まあ顔出しとかNGだけど俺本人だから
あなた
いえ、会ったとかじゃ…なくてこの前PC…やらなんやらの修理を…頼まれたんですよ←大嘘
ディア・クロウリー
え、あはは、そんなまさか。 
君別に修理の仕事をしているわけじゃないでしょう?
あなた
…あの学園長、俺が…どこ寮か知ってます…よね?
ディア・クロウリー
?ええ、君はイグニh……ああ、なるほど。それで頼まれたんですね。
 そう、俺は機械系に強いイグニハイド寮の寮生

つまり俺がPCを直すのを頼まれるのは別になんの違和感もないのである

この前もケー君にスマホの修理頼まれたし
ディア・クロウリー
しかしなぜあなたに頼んだんです?
あなた
…どうも彼らは学生…みたいで修理出すお金も…そんなにないのでネット…で直してくれる人探してた…みたいです
んー、個人情報はあんまり出したくないけど学生とかぐらいだったら大丈夫だよな
あなた
それでちょうど…俺のアカを見つけたらしく…それで頼まれました…最初誰かは知りません…でしたが
あなた
…なのでちょっとした知り合い…なんで彼らにサインとか頼むことも…出来なくは無いと…思います
ディア・クロウリー
ピクっ
お、反応した。欲しそうだなサイン
ディア・クロウリー
し、しかしですねぇ。それを渡されても特別扱いは難しいというか…


…もう一押しだな


あなた
して下さったら…学園の事務の仕事…俺ができる範囲で…手伝いますが
ディア・クロウリー
!!て、手伝いですか… ふむ、悪くは無いかもしれませんね…手伝ってくれれば小説を読む時間増えますし、ハッ、いけないいけない
ディア・クロウリー
手伝いは大歓迎なんですがそれで免除を許すのは教師としてはいただけないんですよねぇ
…惜しい、あと少しだったけどな

よし、ここはもうあれ言うか



あなた
…してくれなかったら…サボってることトレイン先生…かクルーウェル先生に…でも言いますが
それを言った瞬間学園長は血の気がわかりやすいほどに引いていった

どんだけ怖いんだよ先生たち…

そして学園長はかなり長い時間考え込んだあと結論が出たのか口を開いた
ディア・クロウリー
い、いいでしょう!!君の水泳授業をZeroさん達のサインと手伝いを対価に免除してあげます。
あ、あと先生方にこのことは内密に…
あなた
はい、分かりました…ありがとうございます。…では失礼しました


そして俺は学園長室を出て勝利したことにほくそ笑みながら自分のクラスへと帰った←




(水泳授業当日
イグニハイド寮2
 え、お前入んないの!?俺たちでさえ入ってるのに!?
イグニハイド寮1
ずるいぞお前!!
 目の前でバルガス先生から逃げられなかったイグニ1達が水着姿となり喚いているわめいている

ふ、せいぜい頑張りたまえ( ・´ー・`)←
あなた
俺は諸事情で…入れないだけだ…学園長に許可は…とってる
ケイト・ダイアモンド
ちぇ〜、あなたくん入んないんだ。せっかく水着姿撮ろうと思ってたのに、残念…
あなた
ブルっ
い、今なんか寒気が………気のせいか




これ以降あなたがプールに入る姿を惚れている者たちは見ることは出来ずあなたの水着姿を写真に収めることは叶わなくなった








……………はず←
                                                                            続く
_________________________________________________