無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

分かったこと
前世を思い出して約1週間が経過した
←時が早いのは気にすんな

少し、ここにいて分かったことがある

1つ目:ここは屋敷の地下にある牢屋

2つ目:俺はここの当主の奴隷でこちらの世界では名前は『あなた』で通っている

※ここから吹き出しはあなたとなります(作)

3つ目:顔は前世より整ってるドャァ←←←

4つ目:多分人間?

5つ目:前に何かしたの身体中に酷い傷跡や、顔に結構大きな傷跡のあとがある

6つ目:ここの当主はロリコンで美少年好き

7つ目:早く出ないと俺の処女が取られる笑

8つ目:今ここのイケメン主は居ない


4つ目の多分人間?に関しては自分の口の歯が牢屋に置いてある鏡でみてみると明らかにリーチ兄弟のようにギザ歯のため絶対に人間だと断定できないって訳
7つ目の奴は今はまだタイプな歳でないのかそんなことはされてないが、恐らくもう少ししたらピーーをされてピーーをやらされるであろう。

…………早くここ出ないとヤバいやん(白目)

だけど、ここは屋敷だからか警備もかなり厳重で外に出たら俺すぐに捕まる自信ある←

でもなぁ、今ここの主遠出しているらしいからチャンスって言ったらチャンスなんだよな

ここの主様相当俺に熱をあげてるらしいし…ブルッ、

俺の恋愛対象は可愛い女子であって、百歩譲って男だとしても断じてロリコンではない、うん




はぁ…さて、これからどう動こうか……
おい、そっちに金目の物あるか?
いや、ここらには無い
多分金庫やらどっかに置いてるんだろ
さっさと見つけて貰ってこーぜ


ン???

なんか上から人の声するんだが、しかも金目のものやら、貰うって……

絶対泥棒やん

あっ声が聞こえるのは通気口やら色々あるからだぞ←
!おいあったぞ、金庫!!!
早く開けろ
ちょっと待て、今俺の’’ユニーク魔法’’使うから
あなた
え?
ユニーク魔法、ユニーク魔法……

えっ、あのツイステの世界にあるユニーク魔法?

じゃあここツイステの世界???

マジかよ……じゃあ俺ももしかして魔法使える…のか?

少しやって見るか

規模が小さそうな色変え魔法を……

適当に壁を青に…
あなた
それっキラン





そうすると目の前には綺麗な青に染った壁が見えた
あなた
……
MA☆JI☆KA☆YO☆魔法使えた笑





えっ、待って俺ここ出れるんじゃね?

魔法ってイマジネーションの強さってあのカラス学園長←も言ってから前世かなりのヲタクであった俺になら色々できるはずっ!

よしっ、そうと決まれば



あなた
脱、走の開…始だニヤッ

続く
_________________________________________________