無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

甘い夜🔞 💗💙
ころんくん目線
さとみ
さとみ
で?ころん?訳を説明してもらおうか?
ころん
ころん
え…えっと…その…

ここで僕が言ったらなんかヤダ!!(?)


でもさとみくん怖いし…
さとみ
さとみ
ん?((ニコッ
ころん
ころん
ッ…///
ニコッも怖いし…
ころん
ころん
さ……りい………な…っ……から///
さとみ
さとみ
え?なんて?

ぁぁぁぁぁぁ!もぉ!

さとみくん歳だ!()
ころん
ころん
さとみくんが莉犬くんと仲良かったから!!////
さとみ
さとみ
………で??

ウッッッ

めっちゃニヤニヤしてこっちみてくんじゃん…。

言いたくねぇ…
さとみ
さとみ
言ってくれないと……

俺…我慢できないかも♡(((囁く
ころん
ころん
ンッッ///
さとみ
さとみ
はははっ。
もう感じてんじゃん。

んんんん。

言う……か…/////
ころん
ころん
さとみくんが莉犬くんと仲良くしてて。

嫉妬した!!/////
さとみ
さとみ
!?!?
さとみ
さとみ
へー((ニヤ
僕はさとみくんにベットに押し倒されて
さとみ
さとみ
可愛いことしてくれんじゃん(((囁く
その時見たさとみくんの目はまるで


獲物を捉えた獣のような目だった__。


----------------
ころん
ころん
さっ…アッ…さとみ…ンッ…く…ん♡
さとみ
さとみ
ッッッ…こ…ろん…ンッ…可愛い…
そう言ってさとみくんは僕の好きなところばっかり攻めてくる
さとみ
さとみ
こ…こ…だろ…ンッ
ころん
ころん
ンニャ!?……そ…そこ無理…アッ…ンッおかし…ンッ…くなる…アッ♡
さとみ
さとみ
いいよ…おか…しくなって(((囁く
ころん
ころん
好きぃ♡…しゃとみく…ん…しゅきぃ♡
さとみ
さとみ
お…俺も…ッッッ
ころん
ころん
いきゅ…イクゥ……ゥゥゥゥゥ♡

そう言うと僕は限界に達した
ころん
ころん
はぁはぁはぁはぁ
さとみ
さとみ
こーろーん
ころん
ころん
(((ビクッッ  なに?さとみく…
さとみ
さとみ
ンッ…チュッ……ハァ…ンッ…
ころん
ころん
アッ…ンッッ………チュゥッ……アッ…
さとみ
さとみ
俺まだイってないからさ。
さとみ
さとみ
まだ頑張ってくれる?(((囁く
ころん
ころん
/////
僕はこくん。と頷く。すると
さとみ
さとみ
ありがと。チュッ
さとみくんは優しく優しく僕のおでこにキスをして…



その後何度も何度も体を重ねた。

2人の思いを確かめるように。

優しく。甘く。



ころん
ころん
さとみくん…大好き…(((ボソッ







































----------------


どうだったでしょうか!

喘ぎ下手なのバレた()


なんか。🔞少なかった。

え。ごめんなさい。え?マジで少ないじゃん
ほんとごめんなさい。


今度は甘々なの書くのでぇぇ😭


良ければ💬&♡&☆よろしくお願いします✨

絡んでくれたら主はマジで喜びます♡
変態マスクマンになります♡