無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

口止めとして
ゆいちゃん
ゆいちゃん
「ねぇねぇ琉貴くん!」
琉貴
琉貴
「どうしたの?ゆいちゃん」
ゆいちゃん
ゆいちゃん
「私この前たまたま見ちゃったんだけど」
琉貴
琉貴
「うん」
ゆいちゃん
ゆいちゃん
「雄輝くんと付き合ってるの?」
琉貴
琉貴
「……」
琉貴
琉貴
「見ちゃったんだ…」
ゆいちゃん
ゆいちゃん
「い、いや、そ、その、わ、わざとじゃないから。」
琉貴
琉貴
「お願いだからこのことは内緒にして欲しいんだ」
ゆいちゃん
ゆいちゃん
「いいよ。それじゃぁ内緒にする代わりに」
琉貴
琉貴
「代わりに?」
ゆいちゃん
ゆいちゃん
「私の前でKissしてよ。」
琉貴
琉貴
「はっ!?」
ゆいちゃん
ゆいちゃん
「ダメなの?ダメなら拡散するけど?」
琉貴
琉貴
「…わかったよ。やるよ」
ゆいちゃん
ゆいちゃん
「やったー!」
琉貴
琉貴
「呼んでくるからちょっとまってて!」
ゆいちゃん
ゆいちゃん
「あ、今じゃないよ?」
琉貴
琉貴
「え?じゃぁいつ?」
ゆいちゃん
ゆいちゃん
「忘年会の時♡♡」
琉貴
琉貴
「部活のか!?」
ゆいちゃん
ゆいちゃん
「そーよ!」
琉貴
琉貴
「……わ、わかったよ。」
ゆいちゃん
ゆいちゃん
「それじゃぁ楽しみにしてるわね!」