無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

291
2020/09/17

第63話

第60話
泉凛
泉凛
アイツも戻ってきたし、早速計画スタートよ!覚悟してなさい
-------------------------------------------------------------------------
橘隼人
橘隼人
あなたさんお久しぶりですね!お怪我の方は大丈夫ですか?
あなた
あなた
はい!お陰様で今はすっかり元気です!心配をお掛けしました
橘隼人
橘隼人
いえ、あなたさんが元気そうで何よりです!またよろしくお願い致します!
あなた
あなた
こちらこそ
橘隼人
橘隼人
じゃあ僕はこれから仕事なので
あなた
あなた
頑張ってくださいね!
橘隼人
橘隼人
ありがとうございます!では!
〜あなたの部屋〜
あなた
あなた
久しぶりだな〜!そういえば土方さんと総悟と山崎さんどこにいるんだろう?一応話しておきたいことがあったんだけどな〜さっき橘くんに聞けば良かったな〜
〜一方三人は〜
土方十四郎
土方十四郎
総悟、裏から回れ!山崎は俺と後ろからだ!
沖田総悟
沖田総悟
へい!
山崎退
山崎退
分かりました!
土方十四郎
土方十四郎
今さっき女の姿が見えた、もしかしたら奴かもしれん
山崎退
山崎退
副長、あなたさんを置いて大丈夫だったんでしょうか?
土方十四郎
土方十四郎
ああ、アイツならきっと来るさ。今他の隊士が知らせに行ってくれている。あなたを信じよう
山崎退
山崎退
そうですね
-----------------------------------------------------------------------
沖田総悟
沖田総悟
チッ、キリがねェ。どうしたら
??
お困りのようですね
沖田総悟
沖田総悟
誰だ!
泉凛
泉凛
私が助太刀します!
沖田総悟
沖田総悟
お前、なんでこんな所に
泉凛
泉凛
他の隊士の方の知らせを聞いて来たんです、悪いことしましたか?
沖田総悟
沖田総悟
いや、なんでもねェ。とりあえず行くぞ!
泉凛
泉凛
ごめんなさいね、アナタはここで眠ってもらいますわ
「バシッ、気絶させる」
沖田総悟
沖田総悟
なん…だと
「バタッ、気を失い倒れる」
泉凛
泉凛
ふふふ、まず一人。残りの二人は奴らに任せて私達は行きましょう
はい!
へい!
------------------------------------------------------------------------
山崎退
山崎退
副長、いませんでした
土方十四郎
土方十四郎
どこに行ったんだ奴は
攘夷浪士
真選組副長、土方十四郎とお見受けする
山崎退
山崎退
なんでこんな時に攘夷志士が!
土方十四郎
土方十四郎
今は倒すしかない!行くぞ!
??
お待ちなさい
土方十四郎
土方十四郎
誰だ
泉凛
泉凛
副長さん、この人達は私の敵です。あなた達は探すべき相手がいるのでしょ?私に気を使わずに行ってください
土方十四郎
土方十四郎
後は任せたぞ!
山崎退
山崎退
お願いします!
泉凛
泉凛
その前に、あなた達も。打ちなさい!
攘夷浪士
「バンッ、麻酔銃を打つ」
土方十四郎
土方十四郎
「バタッ、麻酔銃を打たれ倒れる」
山崎退
山崎退
「バタッ、麻酔銃を打たれ倒れる」
泉凛
泉凛
ふふふ、これで邪魔者は消えた。さぁ来なさい、貴様の恨みを晴らしてやるわ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
作者
作者
どうも、作者です!第60話読んでいただきありがとうございました!一体副長達はどうなってしまうのか!?乞うご期待!次回もまた見てくださいね!それでは!