無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

296
2020/08/25

第60話

第57話
どうしてあの時の記憶がないのだろう。私はずっと考えていた。最後に覚えているのはあの人に命令されたこと。その後の記憶はもうない。でも少しだけ覚えていたことがある、それは…
泉凛
泉凛
お前の記憶を消してやる。そうすればこいつは私が行ったことだと分かりゃしない。当分の間私にこき使われるのがお似合いよ
あの人に記憶を消されたことだ。
------------------------------------------------------------------------
〜病院〜
あなた
あなた
はぁ〜退院まで一週間もあるのか〜、本当に真選組の皆さんには迷惑かけてばかり、ほんとに私もしっかりしなきゃ
「トントン」
あなた
あなた
ん?誰だろう?
山崎退
山崎退
あなたさん、お見舞いに来ました!ご気分いかがですか?
あなた
あなた
あ、山崎さん!お陰様でだいぶ良くなりました。色々ご迷惑をおかけして申し訳ございません
山崎退
山崎退
あああ、そんな堅苦しいの辞めましょう!副長、そんなとこに居ないで来てくださいよ!
あなた
あなた
土方さん来てるんですか!?
山崎退
山崎退
はい、でもあなたさんに合わせる顔がないって言ってました。理由は述べずに
土方十四郎
土方十四郎
ザキ、席を外してくれ
山崎退
山崎退
は、はい。じゃああなたさんお大事になさってください
あなた
あなた
ありがとうございます!
「ガチャッ」
土方十四郎
土方十四郎
あなた、体調はどうだ?
あなた
あなた
前よりは良くなりました。色々な方にご迷惑をおかけして申し訳ございません
土方十四郎
土方十四郎
いや、悪いのはこっちだ。どんな時でも護衛をするよう手を尽くしたが、このザマだ。俺達は仲間も守れなかった、まだまだ力不足だ
あなた
あなた
そんなことありません、私の不注意でこんなことに
土方十四郎
土方十四郎
あの時何があったか覚えてるか?
あなた
あなた
私が覚えている事は、泉さんに副長が見廻りをして欲しいって伝言がありました。と伝えられました。その後に男の集団に捕まってしまって私の記憶は、そこで途切れました
土方十四郎
土方十四郎
待てよ、俺は見廻りをしろとアイツに言ったはずがない。何かおかしい
あなた
あなた
そうなんですか!私騙されたのかも…
土方十四郎
土方十四郎
だとするとアイツが仕組んだことになるな、総悟が攘夷浪士にやられるのはおかしいと思っていた
あなた
あなた
え、総悟が…攘夷浪士にやられた!?
土方十四郎
土方十四郎
ああ、お前を追っていたら邪魔されたそうだ
あなた
あなた
そんなことが…
土方十四郎
土方十四郎
とりあえず、色々話を聞かせてくれてありがとな。まぁ何もしれやれねェがゆっくり休めよ、今夜は俺も泊まっていくから
あなた
あなた
ありがとうございます
土方十四郎
土方十四郎
何かあった時はすぐに連絡してくれ
あなた
あなた
分かりました!
泉凛
泉凛
鬼の副長土方十四郎、流石ね。私のやった計画全部見抜いていたわね。沖田も山崎も深く関わっていた感じだったわ。次の計画のターゲットはアイツらよ。どんな展開が待っているのか楽しみね。ふふふ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
作者
作者
どうも、作者です!第57話読んでいただきありがとうございました。投稿が遅くなってしまいました。ごめんなさい。次回はどんな展開が待っているのか!次回もまた見てくださいね!それでは!