無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1st
~始まり~
you
you
何で俺にも
来たんだよ…馬車…
ちょうどエース兄さんは
先に行ったところ…
ようやく離れられると
思ったのにさ…
you
you
あ、じゃあ母さん
父さん、兄さん
行ってきます
え、何その顔…
いや、エース兄さんの
時は皆で泣きそうになってたけどさ…
え、俺の挨拶?がシンプルだから?
you
you
うん、行ってきます
ホリデーには
帰ってくるからさ
家族全員が棒立ちの中
俺は黒い馬車に乗った…
you
you
(うわ、棺の中暗すぎだろ…
ここから学園までずっとこれかよ)
~学園~
you
you
(あ、着いた…か?)
揺れも止まったし…
てか、外うるさくね?
え?何で?

まさか、異世界からの
転生者とか~((当たり

待って、暑くね?
燃えてる?
耐熱性にしとけよ!
you
you
(暑いしもう
出ていいだろ、別に
暑かったって言えばいいし)
you
you
暑いっつってんだろぉぉぉ!
俺は自力で
棺を開ける…

後から思った

俺よく開けられたな( ˙꒳​˙  )

出てきた先に映ったのは…
周りが青い火で埋め尽くされていた
景色だった。

エース兄さんじゃない方の兄さん…
うん、兄さんが言ってたような
闇の鏡があって
パンフレットに載ってた
学園長と寮長らしき人がある猫らしき
狸らしきものを追っていて
その横には女の子がいた
you
you
何だよこの状況…
入学式からこれとか…
学園大丈夫か?
???
あ、あの…
you
you
ん?君だれ?
you
you
って、女子じゃん!
ここにいて大丈夫?
???
えっと…まず
ここってどこですか?
you
you
oh…
まじで異世界から
来たんか…俺の予想やべ
you
you
あ、ごめん
話無視して…
ここはナイトレイブンカレッジで
君は…誰?
???
えっと…私は…
_華音@かのん_
華音かのん
華音です…
西村にしむら華音かのん
you
you
華音ね
どこ出身?
_華音@かのん_
華音かのん
日本です…
you
you
どこやそこ…
てか、魔法使える?
_華音@かのん_
華音かのん
魔法使えるんですか?
この世界…
you
you
使えるけど…?
どうやら、華音は
日本って言う異世界から
来たらしくて、その世界は
魔法が使えないらしい…
you
you
あ、俺の自己紹介まだか…
俺はあなた・トラッポラ
ユニーク魔法は…秘密にしとこっ
その方が面白いしw
出身は薔薇の王国な
_華音@かのん_
華音かのん
薔薇の王国…
凄い綺麗な国っぽい
ですね
you
you
めっちゃ綺麗だよ
特に薔薇
you
you
てかさ…
you
you
周りヤバくね?
_華音@かのん_
華音かのん
ですね…
俺達が話している間に
周りの炎は勢いを増して
さらに燃え広がっていた…
you
you
逃げる?
_華音@かのん_
華音かのん
え?良いんですか?
you
you
別に良いと
思うって…華音危ない!
華音に向かって突然
炎が向かってきた…

だから、俺はとっさに
魔法を使った…
この部屋を全て凍らす勢いで…
you
you
燃える氷Burning ice
俺のユニーク魔法…

Burning ice…燃える氷
この魔法は
きっとこの世界で1番
冷たく、熱い氷だと思う…
you
you
はぁ…だっる
_華音@かのん_
華音かのん
す、凄い…
???
今のは君の
魔法かい?
you
you
えっと…
ハーツラビュル寮の
寮長…リドル・ローズハート
先輩ですね
you
you
今のは俺のユニーク魔法ですよ
???
ぜひ、君みたいな子が
僕の寮にも欲しいね…
you
you
多分、行くけどな
???
ぜひ、欲しい…
いえ、素晴らしい…
僕なら受けたくありませんね
you
you
(オクタヴィネルの寮長
今、ヤバい事言ったぞ?)
???
皆さん!お静かに!
とりあえず、この使い魔は
私が預かっておきます!
まずは、入学式を
始めますよ!
_________♡_________

✡噂のコーナー✡
あなたくんのユニーク魔法は
1つじゃないらしいよ?
結弦
結弦
次回、寮分けとブラコン!((
えっと、本物の次回予告!
寮分けと監督生!です!