無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6
あなた.
あ、アズール!
アズール.アーシェングロット
アズール.アーシェングロット
あなたさんどうしました?
あなた.
フロイドが課題を追加されたのに一切手をつけてないようで。
アズール.アーシェングロット
アズール.アーシェングロット
そうですか。僕の方からゆってほしいと。
あなた.
さすが、アズール!そゆこと!お願いしてもいい?
アズール.アーシェングロット
アズール.アーシェングロット
ええ、大丈夫ですよ。
あなた.
お願いします!
ヴィル.シェーンハント
ヴィル.シェーンハント
あら、あなたとアズールじゃない。
あなた.
ヴィル先輩!こんにちは!
ヴィル.シェーンハント
ヴィル.シェーンハント
ごきげんよう。
ヴィル.シェーンハント
ヴィル.シェーンハント
今日、ポムフィオーレに遊びに来ない?
あなた.
え?いいんですか?
ヴィル.シェーンハント
ヴィル.シェーンハント
ええ、久しぶりにあなたで遊びたいし。
あなた.
喜んで行きます!
ヴィル.シェーンハント
ヴィル.シェーンハント
じゃあ、放課後来てね。
あなた.
はい!ありがとうございます!
放課後…
あなた.
こんにちはー。
エペル.フェルミエ
エペル.フェルミエ
あ、あなたさん。
あなた.
あ、エペルくん!ヴィル先輩は?どちらに?
ヴィル.シェーンハント
ヴィル.シェーンハント
あら、早かったわね。こっちよ。
あなた.
あ、ヴィル先輩!
ヴィル.シェーンハント
ヴィル.シェーンハント
エペル、あなたもおいで。
エペル.フェルミエ
エペル.フェルミエ
はい。
ルーク.ハント
ルーク.ハント
ムシュー.ボゥテファタル必然的な美
あなた.
ルーク先輩!その呼び方。
ルーク.ハント
ルーク.ハント
いいだろう、必然的な美!まさに君のことだ!
ヴィル.シェーンハント
ヴィル.シェーンハント
確かに、何もしてなくてその肌の綺麗さは、以上だわ。
あなた.
そんなに…
ヴィル.シェーンハント
ヴィル.シェーンハント
それよりも、早く、来なさい。
あなた.
は、はい!
ヴィル.シェーンハント
ヴィル.シェーンハント
はい、ここに座って。
あなた.
は、はい、
ヴィル.シェーンハント
ヴィル.シェーンハント
始めるわよ。
エペル.フェルミエ
エペル.フェルミエ
手伝います。ヴィルさん。
ヴィル.シェーンハント
ヴィル.シェーンハント
ありがとう。じゃあ、そこの箱を取ってくれる?あなたに合う色を探したいの。
エペル.フェルミエ
エペル.フェルミエ
はい!
あなた.
あの、私暗めの色がいいです。