無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

445
2021/05/10

第8話

忘れた……
他にも3人くらいは攻略対象いた気がするが忘れた
本当に妹の話聞けばよかった……
そう後悔しながらナムジュンは紙を四つ折りにたたんだ
そしてその紙を本棚から、1つ本を取りだし挟んで、また元の位置に戻した
紙に書出してて思ったことがある
キムナムジュン
キムナムジュン
バッドエンドを回避するためには
キムナムジュン
キムナムジュン
主要人物となるべく関わらないことだ。
ヒロインが入学する時にゲームが始まる
だから、ゲームが始まってからは絶対に関わりがないようにしたい。
もちろんヒロインが入学する前の1年間も、顔を合わせることがあるかもしれないから
油断は禁物だ……
そんなふうに考えていると
コンコン
僕の部屋のドアからノックする音が聞こえた
キムナムジュン
キムナムジュン
どうぞ
僕が、そういうと1人のメイドが入ってきた
ガチャ
メイド
メイド
失礼します ナムジュン様、お茶をお持ちしました。
お茶を持ってきてくれたのでごく普通にお礼を言った。
キムナムジュン
キムナムジュン
ありがとう。
メイド
メイド
……!
するとメイドは一瞬すごく驚いた顔をすると
メイド
メイド
い、いえ。当然のことでございます。
そういうと慌てて
メイド
メイド
し、失礼しました!
と言って部屋から出ていった
キムナムジュン
キムナムジュン
……ん?
僕変なことしたかな?
キムナムジュン
キムナムジュン
あぁ……
思い出した
ナムジュンは色々わがまま言う子だった
キムナムジュン
キムナムジュン
よし、平凡に暮らせるため
キムナムジュン
キムナムジュン
これからは使用人さん達に優しくしよう
キムナムジュン
キムナムジュン
優しい王子?になろう……
そう決意したナムジュンであった。