無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

441
2021/05/24

第15話

心開いてくれた
その後は作戦所ではなくなってしまった
僕は笑われたことが恥ずかしくて演技をすることに
手一杯になってしまった。
その後父達に会った時彼らは楽しそうに話していた。
本当にコマ・ウォ様がいい人なのだろう
でなければ、父が目上の人にああいう楽しそうな表情はしない
こうして時間はあっという間に過ぎていった
コマ・ウォ
今日はありがとう
コマ・ウォ
今度はそちらにも行かせてくれ
🍞
🍞
いえ。こちらこそありがとうございます。
🍞
🍞
ぜひ家にもいらして下さい。
ジン
ジン
ジュナまたね。
驚くことに彼は僕にこれまでよりも心を開いたようなクシャッとした
笑顔を向けてきた。しかも呼び捨て そこまで心を開いたのか
キムナムジュン
キムナムジュン
……はい。また、
そう言って僕と父は馬車に乗った。
キムナムジュン
キムナムジュン
💭え。何。あの笑顔、可愛いんですけど
僕に笑顔向ける要素あった???
それでもあんな笑顔向けられる要素なんてない
とりあえず今日は彼と出会ってしまった。
今日のことが吉と出るか凶と出るかはまだ分からない