無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

526
2021/05/05

第3話

つづき
それはそうだ。今回のような場面だとナムジュンは
ナムジュン
ナムジュン
なんて気も使えない執事なんだ!
ナムジュン
ナムジュン
お茶くらい俺が言う前に出せ!
などと怒鳴るからだ
気に入らないことがあるとすぐ両親に言ったり
執事やメイドに当たり散らかす
それに対して両親は何も言わない
父も母も息子を溺愛していてなんでも聞いてしまう
故にナムジュンは我儘で全てが自分の思い通りにならないと許せない
まさに悪役ピッタリな性格になってしまっていたのだ。
ゲームをプレイしていた妹から話を聞いていたから、我儘なのは知っていたけど
幼い頃からこんなだったとは……
ゲームでは主人公(女)が学園に入学するところから始まるのでそこまでは知らなかった
あぁ……
今までなんで執事やメイドに酷いことをしてしまったんだろ。
前世を思い出した僕は、罪悪感でいっぱいだった
キムナムジュン
キムナムジュン
はぁ……
僕は、ため息を吐きながら今後のことについて考えたのであった。
.
.
.
.
.
(設定)
キムナムジュン
伯爵家の一人息子
我儘でなんでも自分の思い通りにならないと気が済まない。
とても可愛らしい男の容姿をしている(主に笑顔)
前髪ありの黒髪 髪型はご想像に
少しつり目だから見た目もきつい印象がある。
前世では優しく穏やかな性格
妹が乙女ゲームが大好きで毎日たくさん主人公や攻略対象達について語られていたので
ゲームの知識はある程度ある。