無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

464
2021/05/14

第9話

1年がたった
あれから1年がたち僕は、6歳になった
1年はあっという間だろうけど 10年はやはりとても長い
まだ1年しか経ってないし
僕が転生してからは我儘言うナムジュンはどこにもいないわけで
ナムジュンの本当は僕じゃないから 僕の性格で通してるんだけど
そりゃあみんな最初はすごく驚いていたけど、だんだんと笑顔を向けてくれたり 今では普通に関係を築いている
今日は庭園に来て僕は、花を眺めながらお茶を飲んでいた
その時僕は、あることに気づいて、思わずテーブルをたたきつけちゃった
壊れてないかな?
ガタッ
メイド
メイド
どうしました?ナムジュン様
キムナムジュン
キムナムジュン
な、なんでもないよ
なんでも無いわけじゃないけど僕は、そう言って椅子に座った
2年後、この庭園で顔合わせをしたあとジンと会うんだ
キムナムジュン
キムナムジュン
💭あぁ僕って本当に馬鹿だ!会うってことはバッドエンドと会うのと同じじゃないか!
キムナムジュン
キムナムジュン
💭あっ!
何かを思いついたナムジュン
キムナムジュン
キムナムジュン
💭よし!決めた
僕はこの日から、ジンの印象に残らないように考えを始めたのだった
設定2
今のところ出ている王子(メンバー)を偉い順に並べますね
キム、ソクジン
公爵家息子
黒髪 イケメン
ミン、ユンギ
公爵家息子
同じく黒髪 男前な感じの顔のイケメン(塩顔)
???
侯爵家の息子 ナムジュンが忘れてしまった子のことです。
同じく黒髪 元気な子だがクール系イケメンだ
ナムジュン
伯爵家の息子
サラン、ヘヨ(だからすごい名前)
男爵家の娘
白い髪 ボブくらいの長さ カワイイ系の女の子