無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

469
2021/05/17

第11話

作戦
自室に戻ると、僕は、3日後のことについて考えていた
もちろんこのこの3年間何もしてなかった訳では無い
僕もこの時のために少しは作戦を立てていた
それは彼から魅力のない男性と、思われ向こうから婚約を理ってもらうのだ
彼に嫌われるのはまずいけど
学園に入ってから何か起きれば、即バッドエンドになってしまう
それに比べ魅力のない男性と思って貰うことが出来れば、仮に今
婚約が解消されなくてもサランのことが好きになった時
平和にこの狂った婚約は解消するだろう
僕は、すんなり受け入れられるから、まず揉め事になることは無い
そう簡単に行くか分からないが、ナムジュンは興味の持たない王子になろうと決めたのだった
キムナムジュン
キムナムジュン
まずは作戦だ
キムナムジュン
キムナムジュン
格好は公爵家に行くのに無礼にならない範囲で地味な洋服で行く。
前もってその服は買っておいた
普通は婚約者似合う時は派手にまでとは言わないが それぐらい着飾るだろう
けど僕は一切着飾ることはしない
キムナムジュン
キムナムジュン
さすがに何もつけないのはダメだから、
キムナムジュン
キムナムジュン
あまり目立たない着飾りをしよう
これでまず第一印象は薄いだろう
キムナムジュン
キムナムジュン
次に彼と話す時だ
これからは多少彼のことを質問するつもりだが
キムナムジュン
キムナムジュン
基本話しかけないでおこう
話しかけてきてもそうですねとかそんな短い会話にしよう
話も弾ませないようにしよう
これで気まずい空気を作る
そして最後に男らしくないわがままを言う
恥ずかしいが 歩きたくなーいとか、このお茶あまり好きじゃないと文句を言ってやろう
そうすれば嫌いまではいかないだろうが
地味で、話し上手でもなく、
少し我儘なやつと、イメージを付けられるだろう
キムナムジュン
キムナムジュン
よし!完璧だ!
そう上手くは行かないと思ってるが
キムナムジュン
キムナムジュン
上手く行きますように
と、願うナムジュンであった。