無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

470
2021/05/08

第7話

つづき
次に…………。ん?あれ?
キムナムジュン
キムナムジュン
名前なんだっけ?
キムナムジュン
キムナムジュン
あーーーー。やばいぞ
こんなことならちゃんと妹の話聞いておけばよかった。
言い訳になるが、妹があまりにも細かい話まで来たし 男だから興味無いし
僕は、聞き飽きてしまい、途中から聞き流してしまっていたのだ。
今になって本当に後悔している。
名前は忘れてしまったけど辛うじて設定は覚えている。
キムナムジュン
キムナムジュン
確か僕と同い年で侯爵家の息子だ。
なんでもできてしまう弟がいてその弟と比べられてしまう。
初めは弟に負けないように頑張っていたけど年を重ねて行くうちに
弟には勝てないと分かってしまう。
それから自分が傷つかないように何に関しても無関心になるようにしていた……
キムナムジュン
キムナムジュン
えーっと。なんだっけ?
キムナムジュン
キムナムジュン
あ、そうだ。
キムナムジュン
キムナムジュン
彼が冷たい言葉でいくら突き放しても
キムナムジュン
キムナムジュン
全然サランには通じず、めげずに話してきた。
そんなことが初めてでサランに興味を持ちだんだん惹かれていく。
キムナムジュン
キムナムジュン
オーなんか素敵だねー
そして彼のルートでも国外追放……。
キムナムジュン
キムナムジュン
いや、彼のルートでは確か……謎の人物に殺される……
キムナムジュン
キムナムジュン
え、なんだそれ 怖すぎだろ……
あ、名前とかは覚えてないけど 顔は
( ˙᷄ỏ˙᷅ )oh......セクシーな男だ……