プリ小説

第13話

大丈夫だから、じゃあね。
佐野さんと二人きり…?
(佐野香織)「行ってらっしゃ〜い」

クルッ

(佐野香織)「はぁ…」
え、さっきまでの可愛さはどこ?
(佐野香織)「ね、宮田さん。」
(私)「…はい」
(佐野香織)「幼なじみだからって古西くんに付きまとわないでね?ニコッ」
(私)「付きまとってないよ…!」
(佐野香織)「私古西くんのこと狙ってるから。邪魔しないでよ。」
(私)「…邪魔なんてしてない」
(佐野香織)「明後日のお祭りで告るから。」
(佐野香織)「まぁ古西くんモテるし、宮田さんみたいな人には無理だと思うよ?釣り合ってないし笑笑」
(私)「…っ」

わかってるよ、釣り合ってないことくらい…。

(佐野香織)「今日さ、用事思い出したって言って帰ってくんない?」
(私)「…え?」
(佐野香織)「早く帰ってよ?ほら早く。」

…もう帰ろ。悔しいけどここに居たくない。


(和樹)「お待たせ〜 あれ、咲帰んの?」
(私)「…あー、うん…。」
(佐野香織)「予定入っちゃったんだって〜!」

怖いな、この人…。

(和樹)「なら俺も帰…」
(佐野香織)「私たちはまだ残ってようよ?いいよね、宮田さん?」ニコッ…
(私)「うん、大丈夫だから、いいよ。じゃあね。」

ガラガラ

(店員)「ありがとうございましたー!」

なんで言えなかったんだろ。大丈夫じゃないのに。二人きりにしちゃった。
怖いな… いつもは可愛いのに。 その可愛さも和樹のためなのか。



もう嫌だ。和樹のことは諦めようって思ってるのに





…諦められないのは何でなの?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる。
入賞者バッジ
まる。
♡、☆、コメント、フォロー 本当にありがとうございます…! 凄く嬉しいです! 更新頻度バラバラです…。 「ポエム」 「甘えん坊の君」 更新中です! 読んでいただけると嬉しいです( ¨̮ )( ¨̮ ) よろしくお願いします!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る