プリ小説

第27話

何も無かったように。
それからしばらくは何の予定も無く、私は淡々と日々を過ごしていた。

心に傷を、体に病を抱えながら。



ピロンッ

…和樹から。


手紙、封筒に誰宛か書いておいてくれたらみんなに渡すから!
書くの忘れるなよ?



まるで、何も無かったように接してくれる。
無かったようになるのも悲しいけどね。
でも、私たちはこれでいいんだ。



忘れないように気をつける!
もうすぐ書き終わりそう○ よろしくね!


送信。



手紙を書き進めた。
みんなに書き終えたら、書き終えてしまったら。
…自分の命も終わってしまうような、そんな気がした。



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる。
入賞者バッジ
まる。
♡、☆、コメント、フォロー 本当にありがとうございます…! 凄く嬉しいです! 更新頻度バラバラです…。 「ポエム」 「甘えん坊の君」 更新中です! 読んでいただけると嬉しいです( ¨̮ )( ¨̮ ) よろしくお願いします!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る