プリ小説
一覧へ

第1話

真っ白で、清潔感のある部屋。
 7月15日 昼休み。みんなもうすぐ来る夏休みにウキウキしている様子が伝わってきた。
…私以外は。

いつものメンバーでお喋りをしていた。
梨花(りか)、真菜(まな)、千代(ちよ)。大好きで、大切な友達。
(梨花)
ねぇねぇ!夏休みディズニー行こうよ!!
(真菜)
いいね!行きたい〜!
(千代)
シーとランドどっちにしようー!! 咲(私)はどっちが好き?
(私)
私はランドかなぁ!ジェットコースター苦手だし笑

…あぁ、またできもしない約束した。
遊園地なんて行けるわけないのに。


(真菜)
…咲?おーい!
(私)
えっ!?
(千代)
だからいつにしよう?ってー笑
(梨花)
寝てたなぁ??笑
(私)
えへへ…

やっぱ、行けるわけない。
だって…。

事は1か月前に遡る。

6月10日
朝から体調が悪かった。 でも保健室に行くほどでもないし…。と放っておいた。部活は無かったからまっすぐ家に帰った。

…バタッ



目が覚めた時、私は真っ白な部屋にいた。異様なまでに綺麗で、清潔感があって。
私の部屋じゃないと気づいた。


(母)「咲!?」
お母さん…?なんで、ここどこ…?
聞きたかったけど、声が出なかった。なんだか頭もぼーっとする。

次に起きた時、また同じ部屋にいた。
でも今度は意識がハッキリしていた。
まだ、お母さんがいた。

(母)「咲…!?起きたのね。」
(私)「ここ、どこ?」
(母)「…病院」
(私)「え、何? あー、私貧血で倒れちゃった?笑」
(母)「…」
(私)「ねぇ?ねぇ!…ねぇってば!!」
(母)「今からお医者さんから話してもらうから…。」

母の声は何故か涙ぐんでいた。
怖くなった。 何?何が起きたの?怖い、怖い。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる。
入賞者バッジ
まる。
♡、☆、コメント、フォロー 本当にありがとうございます…! 凄く嬉しいです! 更新頻度バラバラです…。 「ポエム」 「甘えん坊の君」 更新中です! 読んでいただけると嬉しいです( ¨̮ )( ¨̮ ) よろしくお願いします!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る