プリ小説

第22話

いってきます
3時半になった。
3人の着付けを始めた。

できるだけ早く丁寧に着付けをした。
割と時間かかっちゃったな…。

髪の毛は真菜から。
真菜は綺麗な黒髪のボブ。さらさら…。
編み込みをして飾りをつけた。

次は千代。
千代はミディアムで天然パーマ。ふわふわ…。
三つ編みのハーフアップにした。

最後は梨花。
梨花はストレートのロング。
低めのお団子にして後れ毛を出した。

(梨花&真菜&千代)「ありがとう〜!!!」
(私)「いーえ笑」
(千代)「咲は着ないの〜?」
(私)「うん私はいいや〜笑」
(真菜)「そっかー」
(梨花)「ねね、みんなで写真撮ろ?笑」

はいチーズ!!

パシャッ


(真菜&千代&梨花&私)「いってきまーす!」
(梨花)「古西と頑張ってね!」
(千代)「彼氏とお幸せにね!!」
(真菜&私)「笑笑」


さぁ、花火大会だ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる。
入賞者バッジ
まる。
♡、☆、コメント、フォロー 本当にありがとうございます…! 凄く嬉しいです! 更新頻度バラバラです…。 「ポエム」 「甘えん坊の君」 更新中です! 読んでいただけると嬉しいです( ¨̮ )( ¨̮ ) よろしくお願いします!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る