プリ小説

第19話

ごめんね
(私)「花火大会一緒に行けることになったの…。」
(梨花)「ほんと!?」
(真菜)「良かったね!」
(私)「ありがとう笑」
(千代)「ねね、29と30にお泊まり会にしない? 咲着付けできるから30日の浴衣頼みたいし…笑」

そうして29と30がお泊まり会になった。
30日の花火大会まであと5日…。

(梨花)「いーねー!」
(私)「私の家その日大丈夫だよ〜」
(千代)「助かる〜 うち兄弟いっぱいいるから友達呼べなくて…泣」


(私、真菜、千代)「おじゃましましたー」




(私)「ただいま〜」

楽しかったな〜
手紙の続き書こう。



この手紙、みんなに和樹に配ってもらおうかな。 後で頼んでおこ。

カキカキ…


(母)「咲? 宿題熱心なのはいいけど降りてきてご飯食べよう〜」

宿題じゃないんだけど…まぁいっか。
(私)「はーい!」


私のお母さんはシングルマザーでただでさえ仕事も大変なのに私が病気になって。 申し訳ないな、何も返せないし。





ごめんね。…私なんかのせいで。






シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

まる。
入賞者バッジ
まる。
♡、☆、コメント、フォロー 本当にありがとうございます…! 凄く嬉しいです! 更新頻度バラバラです…。 「ポエム」 「甘えん坊の君」 更新中です! 読んでいただけると嬉しいです( ¨̮ )( ¨̮ ) よろしくお願いします!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る