プリ小説

第3話

お兄ちゃんと居たい…
あなた

Zzz〜

神威
神威
阿伏兎、吉原に行ってくる
阿伏兎
鳳仙の旦那と殺り合うつもりかぁ?
神威
神威
それも面白いかもしれないけど、旦那の機嫌良くなりそうな子供を連れてきたんだ
阿伏兎
そうか、行ってら
神威
神威
あなたの事よろしく
阿伏兎
任せとけ
バタン
あなた

Zzz〜

阿伏兎
起きたら何て説明すればいいんだよ…
あなた

Zz┌( ̄〜 ̄)┐ムニャムニャ...

阿伏兎
あなたは俺を見ると隠れるし…
あなた

( ̄□ヾ)ファ~…あれ?お兄ちゃんは?

阿伏兎
お兄ちゃんは出かけて行ったよ
あなた

………何で阿伏兎が居るの?

阿伏兎
今日は隠れないんだ?
あなた

うん、だって後ろに…

阿伏兎
後ろ?
阿伏兎が後ろ振り向くと敵がいた
阿伏兎
敵が居るじゃねぇかよ!
あなた

だから言おうとしたの

敵を撃沈しました
阿伏兎
じゃあ、俺は仕事片付けて行くから
あなた

ふーん

阿伏兎
反応薄!
阿伏兎は部屋を後にしました
あなた

お兄ちゃんの所に行こう

阿伏兎
お前ら、あなたが出ていかないようにしっかり見張っておけよ
あなた

窓から行こう

ピョン
あなた

っと

見事着地しました
あなた

ここはどこ?

見るとあちこちに女が居る
あなた

お兄ちゃんはあの中に居るかも

あなたちゃんの服装は

チャイナ服(青)傘(紫)です
あなた

ここは太陽が昇らないんだ。だとすると私達の他に夜兎の生き残りが居るってこと…

あなた

とりあえず、あの大きな建物に入ろう

(((((*´・ω・)トコトコ
あなた

何かあっさり入れたな

神威
神威
(こんな所にまで神楽が居たとはネ)
鳳仙
これは珍しい客人
神威
神威
んーやっぱり地球のご飯は美味しいネ
鳳仙の旦那
鳳仙
今日は何しに来たんじゃ?酒か?女か?
神威
神威
日輪と一晩(^ ^)
鳳仙
ワシがきずかないとでも思ったか
鳳仙
この鳳仙と殺り合う覚悟はあるんじゃろうな
神威
神威
酒にも女にも興味はない。俺達の居場所は戦場
一方あなたは
あなた

完全に迷ったよ…

あなた

ん?なんか物音がしたけど気のせいか

晴太
はぁはぁ…
あなた

君どうしたの?

晴太
!?
あなた

ねぇどうしたの?私は君の味方だよ

晴太
敵から逃げてる…オイラは晴太…
あなた

私はあなたよろしくね(*´ω`*)

晴太
あなたちゃんか……よろしく
あなた

ここの敵から逃げてるの?

晴太
あなたちゃんも逃げた方がいい
あなた

私も?

晴太
とりあえず走ろう
あなた

??

訳が分からいまま走った
吉原の女1
居たぞ!
あなた

何か忍びの格好してる…

吉原の女2
あの子供は
吉原の女1
2人捕まえろ!
吉原の女1
あともうちょ……
バタッ
あなた

え?

神威
神威
こんな所で何してるの?ひょっとしてお母さんでも探してるの?
神威
神威
あり?どうしたの?寒いの大丈夫ー?
神威
神威
ねぇそんなに会いたいなら俺について来なヨ合わせてあげるヨ日輪に
あなた

お兄ちゃん?

神威
神威
あなた?
あなた

お兄ちゃん!

神威
神威
あなた何でこんな所に…
あなた

来ちゃダメなの?

神威
神威
話は後で
あなた

え?

神威
神威
会いたくなった日輪に
あなた

何で敵が

晴太
……
あなた

晴太くん!私のお兄ちゃん信用して大丈夫だよ

晴太
そうなの?
あなた

うん!安心して着いてきなよ!

晴太
分かった
神威
神威
あなたはお兄ちゃんに抱っこしながら行こうね
あなた

やったァー(*^^*)

神威
神威
君は俺に着いて来て
日輪の元に到着
あなた

お兄ちゃん強いんだね!

神威
神威
ありがと(^ ^)
晴太
ここにオイラの母ちゃんが
神威
神威
あなたも一緒に行ってあげな(^ ^)
あなた

私も?うん!

あなた

行こう晴太くん!

晴太
母ちゃん
あなた

晴太くん……ほら

晴太
これは?
あなた

お守り(*^^*)

晴太
大事にするよ!
あなた

早く行こう

ギィ←扉を開く音
晴太
母ちゃん会いたかった
神威
神威
あなたそろそろ行くよ?
あなた

待って、晴太くん行こう

晴太
母ちゃんが立てないみたい
あなた

だったら車椅子で行こう

神威
神威
ほらおいで
あなた

お兄ちゃん大好きー

神威
神威
お兄ちゃんも大好き(^ ^)
続く

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

かほ
かほ
新しい小説書いていきます投稿スペースはのんびりしているのでそこはのんびりして待っていてください!暇な時に書いてます