無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9話 3年後
母目線

盲導犬と一緒に
暮らして
3年。


?「キャー!」


どうした、どうした?

母「あなた?」

あ「ママ、大変!!
ジュンが!!
ぐったり!」

母「え?」

なんで?

まさか?

まさか…ね。

夫なわけないか。

友里「ジュン、
暴行された痕があるね😅
亡くなってる😅」

お姉ちゃんは
獣医師だ。

あ「なんで。
誰かに殴られたの?
酷すぎ!
誰だよ、犯人!」

友里「あなた。
落ち着いて。
夏美、また、
パートナー見つけに行くよ。」

母「うん!」

あ「犯人見つけ出す!
命粗末にするやつ許さねー!」

母「あなた、言葉遣い気を付けて。」

あ「あ、ごめんなさい(笑)」

友里「しょうがないな。
あたしの遺伝が移ったか(笑)
あたし、元ヤンだし(笑)」

あ「友里ちゃん、
ヤンキーだったの?」

友里「スケバン流行ってから、あたしの時代。
あたし、女番長だったよ笑」

あ「へー。
あたし、ヤンキーになるの?(笑)」

母「なって欲しくない(笑)」

友里「分からないよ。
人は何かしらやらかす(笑)」


母「あなたは、
そんな人にならないで!」


あ「ママ、
ならないよ。
嵐、関ジャニ∞やってるし、
問題起こしませんよ(笑)」

確かに、
そうだね。


あたしは
お姉ちゃんと
また、パートナー探しに向かう。

悲しいけど。

のちに分かる。

ジュンを死なせた犯人が。


あなたは、
仕事に向かった。


盲導犬、二代目は

カズ。

今度は
女の子。

やはり、
嵐の二宮くんファンの子が
つけたみたい。


さて。

帰って
あなたに報告だね。


家に帰る。


.