無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8話 母目線
お姉ちゃんとあなたとで
盲導犬見に行く。







盲導犬連れて来るのはいいんだけど
大丈夫かな?

夫が動物嫌いだから。




あたしの
不安が的中のは
この時はまだ知らない。



友里「じゃ、
行こうか。」

母あ「うん!」

あ「ママ、
友里ちゃんの
車に乗るからね^^」

母「うん!」

白杖を持ち、
あなたと手を繋ぐ

そして、

あなたに支えてもらいながら
車に乗った。


友里「じゃ、出発するよ。」

あ母「うん!」

車は動き出した。



しばらくして、
30分後


友里「着いたよ。」

あ「ママを支えてくれるパートナー見つける!」


母「ありがとう😊」

あ「うん!
降りよう!^^
ママ、杖、持って
頭気を付けてね。」

母「ありがとう😊」

そして、

友里「予約してました、
宮本です!」

盲導犬士「お待ちしてました。
どうぞ、こちらへ。」

あ「ママ、ここ、段差あるから
気を付けてね。」

母「うん!」

段差上がり、

あ「わんちゃんがいっぱい!」

盲導犬士「いっぱいだね^^」

あ「訓練中の子や、小さい子もいる!」

盲導犬「そうだね。
目の見えない人のサポートするから
止まったり、動いたり
訓練しないと、事故に繋がるから。
小さい子も、未来の盲導犬になるために
ご飯や、ミルク、お世話をして、
徐々に訓練していく感じだね^^」

あ「そうなんだ!
大きく育ってね^^」


そして、

盲導犬士「伊野宮さんのパートナーは
ジュンです。
男の子です。」

あ「ジュン?
松潤?(笑)」

盲導犬士「あー、それはあるかも(笑)
嵐ファン多いから、
嵐の名前の子、けっこういる(笑)」

あ「そうなんだ(笑)」

ってことで、

あたしの
パートナーは
ジュンになった。

母「よろしくね、
ジュン。」


そして、

ジュンと
家に帰った。

.