無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

14話 あなた目線
なんやかんや。

無事
郡山に着いた。


そして、
郡山のホテルに向かう。


そして、
ホテルに着き、
充電し、電源入れる。

電話来てそう・・・。


友里ちゃんが、
学校に電話してくれたから
あたし抜きの卒業式だね。

おめでとう、みんな。

やっぱり、
電話、80件近く。
メール、すげー事になってる。

〜〜♪


あ、春菜だ。

ちなみに、
ハリセンボンの春菜ね。

あ「はい。」

春菜『やっと通じた!』

あ「心配お掛けしました。」

春菜『今、どこ?』

あ「福島県の郡山市のホテル。」

春菜『そうなんだね。
仕事行ってたのは知ってたけど
仕事は、どこでやってたの?』

あ「福島県のいわき。
アクアマリンふくしま。」

春菜『そうなんだ。
地震怖かったよね。』

あ「怖かったーぁ!」

春菜『東京も揺れたよ。
今度仕事で会ったら、
抱きしめるから。
無事でよかった。』

あ「津波、見ちゃったから
怖かったー。」

春菜『そうなんだ😅
つらかったね。』


あ「うん。
卒業式出れなかった・・・」

春菜『そうか。
中学校卒業だもんね。』

あ「うん。」

春菜『また改めて
やってくれるんじゃないかな。
友達が。』

あ「だといいな。」

春菜『やってくれるよ。
電車が動かないと
帰れないからね😅』

あ「そうだよね。
卒業旅行で、
ディズニー行くはずだったのに。」

春菜『そうだったんだね。
でも、いつか、行けるから
無事地元に帰ってきて
友達と会いな。
心配してるから。』

あ「そうだね✨
春菜と話せてよかった!」

春菜『あたしもよかったよ。
またね^^』

あ「バイバイ^^」

春菜との電話終わった。

春菜と話せてよかった!

気持ちが楽になった。

.